安心の耐震・耐久性能

  • 1
  • 地盤調査

    精度の高い地盤調査を全棟に施します。
住宅がいくら強固でも足元の地盤が軟弱では元も子もありません。
サンコーホームの家づくりは建設地の入念な地盤調査から始まります。スウェーデン式サウンディング試験または、表面波探査法という精度の高い調査方法によって地層を詳しく解析、地盤に応じた適切できめ細かな補強工事が可能になりました。
  • 2
  • 基礎

    精度の高い地盤調査を全棟に施します。
家づくりの最初の一歩となるのが基礎工事。いくら住宅が丈夫でも、
足元の地盤が軟弱では、元も子もありません。サンコーホームは、地盤調査から基礎工事まで徹底した現場管理で強い家をつくります。
「ベタ基礎工法」とは、建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、底板一面にコンクリートを流し込む工法。コンクリート面全体で建物を支える構造なので、地震や台風などによる衝撃も、均等に地盤へ逃がします。また、地面から上がってくる湿気やシロアリの侵入を防ぐ効果もあります。さらに当社では、家と土台をつなぐ基礎の立ち上げ幅を、 業界トップレベルの150㎜に設定しています。
  • 3
  • 工法

    木に育まれた日本古来の家づくり

    木造軸組工法

木材を使い、土台と縦の柱と横に渡した梁による「軸」で建物を組み立てる「木造軸組工法」は、日本伝統の建築方法です。木は熱を伝えにくく、湿度を調節します。夏は暑くて高湿度、そして冬は寒く乾燥する日本風土に最適な工法として、大工や職人たちの手により、改良を重ねながら今日まで受け継がれてきた匠の技です。
この工法の特徴は、設計の自由度が高いこと。部屋のレイアウトが構造の制約を受けにくく、狭小地や変形の敷地への対応や、リフォームも容易にできるので、敷地を有効活用することができます。温もり豊かで、鉄やコンクリートよりも強い性質を持つ木の家は、耐久性や安心性にも優れています。
2つの工法をあわせることで
壁や窓の大きさなど自由度の
高いプランが実現でき
ツーバイフォーよりも
強度が高くなります。
  • 4
  • 工法

    耐震性に強く「長持ちする家」

    モノコック工法

「モノコック工法」とは、芯材と板材を組み合わせた構造パネルを面構成で接合する建築技法。あらゆる方向からの力にも耐性があることが特徴です。日本の建築基準法では、柱と柱の間に斜めに入れて補強する筋交い(すじかい)を一定の割合で使用することが義務づけられていますが、サンコーホームでは、筋交いよりも強固な「モノコック工法」を採用しています。床・外壁・梁上に通常よりも厚い構造用合板・構造パネルを使うことで、地震や台風、そして豪雪にも強い「長持ちする家」を実現。遮音性にも優れた効果があり、業界トップクラスの仕様になっています。
  • 5
  • 耐震診断を全棟で実施

    安心をより身近に。
住宅の2階の床に電動型の建物用起震機を設置し、実際に震度1~2の地震を発生させ、その振動が建物にどういう影響を与えるかを計測しデータを解析します。その結果から「建物全体の硬さ・揺れやすいかどうか」「建物各部に硬さのバランス・揺れ方のバランスチェック」が数値で出ます。 この数値は地震時における建物の「応答特性」を表しており、被験住宅はどの程度の地震まで安全なのか、データとして算出します。

さらに強度を高める部材

高耐久金物フレーム

木造住宅の最も重要な部分といえる接合部には、高精度を誇る接合金物を使用し、確かな強度を実現する独自の金物工法を採用しています。
厚さ3.2mmの鋼板を使用したアゴ掛金物と直径12mmの六角ボルト、ドリフトピンを組み合わせて、柱と梁を緊結。柱と土台は、直径16mmのホールダウン金物にがっちり繋ぎとめています。地震や台風などにも抜群の強度を発揮し、建物の倒壊を防ぎます。また、掛金物にはすべて錆処理が施されています。 木造軸組工法に、この金物工法を組み合わせた接合部の強度実験を行ったところ、従来の約2倍の強度であることが実証されました。

剛性床

木造住宅の強さを語るポイントに挙げられるのが、水平方向から受ける力に耐える床の剛性です。剛性とは、曲げやねじれに対する変形のしにくさのこと。
2階の床面は、24㎜の構造用合板を梁に止めつけ構造体と一体化させた剛性床にしています。剛性床の特徴は優れた耐震性にあります。地震や台風などの横揺れによる水平方向からの力にも耐えるしっかりとした安定感で、建物のねじれやゆがみを防ぎます。また、遮音性もバツグン。床のたわみや床鳴りを抑えるのでとても静かです。

エンジニアリングウッド

エンジニアリングウッドは強度と品質の安定性に優れているのに加え、含水率を13~18%以下にまで抑えているので、乾燥による収縮や変形もほとんどありません。頑固な高耐久金物フレーム工法には決して欠かすことができない、高強度と高精度を併せ持った信頼性の高い構造部材なのです。

構造用合板

壁下地材・床下地材・屋根下地材に使用することで、耐震性・耐風性・気密性・防音性を飛躍的に高めることができます。
  • 6
  • 選べる高性能外壁材

    3つのタイプから選べる外壁材。

AT-WALLガーディナル ー 高い耐候性と防汚性 ー

  • 「防火・対候性などに優れた、無石綿の窯業系外壁材」
    色あせなどの進行を遅らせる優れた耐候性をもつ独自の塗料「セルフッ素コート」は、強力な紫外線などから外壁をガードするとともに、独自の技術により塗膜に柔軟性を持たせているので、わずかな外壁の動きをしっかり吸収し、住まいを強固に守ります。
    さらに、親水機能を付加しているので、空気中の排気ガスや油分など付着した汚れと外壁表面のすき間に雨などの水滴がつくことで汚れが落ちやすくなりセルフクリーニング効果を発揮します。また、防藻・防カビ剤の配合により、藻やカビの育成も抑制します。

KMEW光セラ ー 光触媒の壁 ー

  • 「晴れの日も雨の日も、
    光触媒が汚れをセルフクリーニング」
    光触媒パワーとは「光触媒=酸化チタン」に太陽光(紫外線)があたることで生まれる、有機物を分解する「分解力」と、水に非常になじみやすい「超親水性」のこと。外壁材の汚れを分解し、雨水で洗い流します。
    さらに、優れたUVカット機能をもったセラミックコートは、紫外線から着色層を守り、長期間外壁の色あせ・日焼けを抑えます。再塗装の必要性が少ない分、メンテナンス費用を軽減できます。

HALALLプレリュード ー 独自防汚テクノロジー「ナノ親水」 ー

  • 「変色や劣化が少ない耐候性・耐久性に優れた外壁材」
    高温で焼き固めたタイルは耐候性に優れ、強い陽射しや風雨にさらされる過酷な環境でも変色や劣化がしにくいという特性を持ちます。また、キズや衝撃にも強く、物が当たったり、風が巻き上げた砂などで擦られてもキズがつくことはほとんどありません。
    加えて、タイル表面の親水効果によりホコリや排気ガス等の汚れが雨水によって流れ落ちやすくなり、外壁の美しさが長期的に保たれることも魅力の一つです。汚れや色あせがほとんどないタイル外壁は、塗り替えなどのメンテナンスの手間やコストを軽減してくれます。